PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

仔犬の頃のMaru

生まれて間もない頃のMaru。
ブリーダーが送ってきてくれたこの写真で、初めてMaruと出会った。


torieBM1_convert_20080603232149.jpg


ずっと柴犬を欲しがっていた主人が、半年位色々なブリーダーと連絡を取り続け
最も信頼がおけそうなこのミネソタ州のブリーダーから仔犬を引き取ることを決めた。

最初から黒い柴犬に興味があることを伝えていた為、仔犬が生まれた時Maruも含めて3匹の写真を送ってきてくれた。
他の2匹は他の方の黒柴のブログで見るような、ハッキリとしたマロ眉毛+笑顔全快!という感じですごく可愛かったけど
主人と写真を見て、人見知りしそうな情けない顔をしているMaruに一目で決めた。
何となく愛想のない自分達に似ていたから。


その後ブリーダーが送ってきてくれた写真(7週目)。
カメラ目線ながら素っ気ない感じ。ますます主人と気に入った。
IMG_1148_convert_20080604233016.jpg


ミネソタ州までは私達の住んでいる場所から車で片道10時間程。往復20時間かけて雪の降る中、Maruを主人と迎えに行った。
無事Maruをpick upしてブリーダー宅を出たのは17時頃。その後当然ぶっ続けで旅を続ける訳にはいかず、途中でペットOKのホテルに一泊。
Maruは初めてのことばかりで不安だったと思うけど、夜中鳴くこともなく朝までグッスリ熟睡してくれてとても助かった。


初めての一緒の夜、ホテルにて(8週目)
First_night_together_convert_20080604004231.jpg



この頃は手乗りサイズ。写真で想像していたよりもずっと小さかった。
今では身体も態度もすっかり大きくなったけど。
071202_KissX_022.jpg



日本は(アメリカでも?)3回目のワクチン接種までは散歩に行かないのかもしれないけど
特にブリーダーから注意がなかった為、翌日からMaruを散歩(主人の実家の敷地内)に連れて行っていた私達。
その頃からMaruの外好きは変わらない。

森も初体験。
ミシガンよりも寒いミネソタ育ちの為、雪の上でも元気に走り回る。
071208_KissX_008.jpg


月曜からは早速オフィスへ初出勤。
主人のデスク近くに用意したベッドでよく寝てくれた。
Sleeping_Maru_December2007_convert_20080604031516.jpg


家に来てから今まで病気一つなく、元気に育ってくれた。
本当にMaruが健康でよかったと感謝の日々だ。

Maruが来てくれて私達の生活が今までに増して豊かになった。
このブログではそんな私達のささやかな毎日を綴っていけたらいいと思っている。


にほんブログ村 黒柴犬に参加中、応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ


| ちびMaru写真館 | 21:08 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。